セロトニンの分泌を増やす

セロトニンとは

睡眠を取る際に必要になる『セロトニン』をご存知でしょうか。

このセロトニンを体内で豊富に分泌する事ができれば精神面が安定し、寝る時に変に考え事をしないで寝る事ができるようになります。

ここでは睡眠に必要になるセロトニンについてご紹介しています。

まず、セロトニンと言うのは、体内で重要な役割を担っている三大神経伝達物質のひとつになります。

セロトニンは人間の精神面に大きな影響を与え、心身を落ち着かせる働きがあります。

体内のセロトニンが不足してしまうと精神的に不安定になりやすく、怒りぽっくなったり、大きな不安に襲われたりすることが度々起こります。

こういった精神的な事が原因で寝れなくなる方も多く、放置していると不眠症を発症してしまいます。

ひどい場合には不眠症からうつ病へ発展してしまう事もあるので注意が必要です。

セロトニンを増やすには

セロトニンを増やすにはやはり、早寝・早起きという規則正しい生活を行ない、太陽の光を浴びる事が大切になってきます。

セロトニンは太陽の光が出ている昼間の時間帯に分泌されやすく、日中に太陽の光を浴びる事ができればできるほど体内でセロトニンを多く分泌する事ができます。

他にも一定リズムで行う運動もセロトニンの分泌を増やしてくれると言います。

ウォーキングやジョキングなどは特に効果的だといいます。

太陽の光を浴びながらこういった運動をする事でセロトニンをしっかり増やす事ができます。

セロトニンがメラトニンを生成してくれる

そして、このセロトニンが睡眠に欠かす事ができない理由はもう一つあります。

それは睡眠ホルモンと言われている『メラトニン』を生成してくれる事です。

セロトニンは夜の時間帯になるとメラトニンを生成します。

メラトニンが生成される事により、身体と脳は睡眠に入る準備を行ないます。

脈拍、体温、血圧、などを低下させて睡眠に入りやすい環境を作ってくれるのです。

セロトニンの分泌が多ければ多いほど生成されるメラトニンの数も増えますので睡眠に入る環境をしっかり整える事ができます。

このように睡眠ホルモンとも呼ばれているメラトニンを生成するためにも体内でセロトニンを作る事は重要になるのです。

現在、不眠症で悩んでいる方は、規則正しい生活を心がけ、太陽出ている時間帯に行動をしてセロトニンを増やしましょう。

セロトニンが増えればおのずとメラトニンも増えますので不眠症を改善する事ができます。