生活習慣を改善して不眠症を治す

生活習慣が原因で不眠症を引き起こしている方も多くいる

不眠症を改善する際に見直してもらいたいものが生活習慣です。

生活習慣が原因で不眠症を引き起こしている方も多くいると聞きます。

現在、不眠症で悩んでいる方は生活習慣に問題がないかもう一度見直してみましょう。

不眠症を改善する際に最も大切なのは睡眠前の行動です。

寝る直前に飲食をしたり、アルコールやニコチンを摂取したりしていませんか?

また、寝る直前までパソコンやゲーム、携帯電話を操作していませんか?

これらの行動は睡眠を大きく妨げるものになります。

寝る前の飲食、アルコールやニコチンの摂取は注意が必要

寝る前の飲食、アルコールやニコチンの摂取は脳や身体を活発化させてしまいます。

人間は飲食をすると身体が消化をするために働きはじめます。

寝ようとしても身体は起きている状態になるので寝付くのに時間がかかったり、寝れたとしても身体は起きているので眠りが浅くなることもあります。

アルコールやニコチンも一緒です。

アルコールやニコチンは脳の覚醒作用があります。

アルコールやニコチンを摂取する事で脳が活発になり、なかなか寝付けなかったり、眠りが浅くなってしまい質の低い睡眠になってしまいます。

ブルーライトには脳の覚醒作用があり脳を興奮状態にする

他にもパソコンやゲーム、携帯電話の使用も不眠症の原因に繋がる事もあります。

寝る直前まで携帯電話でゲームなどをしている方も多いのではないでしょうか?

現在の携帯電話やスマートフォン、パソコンで使われている光にはブルーライトと呼ばれる太陽にも含まれている光が含まれています。

このブルーライトには脳の覚醒作用があり、脳を興奮状態にしてしまいます。

また、太陽光にも含まれているブルーライトを浴びる事で体内時計がリセットされる可能性もあり、脳と身体が完全に目覚めてしまうのです。

脳と身体が完全に目が覚めてしまうと寝付くのに時間がかかり、こういう状況が毎日続くと不眠症を発症してしまうケースもあります。

脳をリラックスさせると自然に睡眠に入れる

上記でご紹介してきたように生活習慣も睡眠とは大きく関係しています。

一番理想的な生活習慣は、

・早寝早起き
・太陽が出ている時間に活動をし太陽が沈む時間に休息をする
・寝る2時間前の飲食は控える
・寝る前に携帯電話・パソコンを操作しない

以上が挙げられます。

他にも寝る時間になったら脳をリラックスさせると睡眠に入りやすくなります。

室内の照明も蛍光灯の明るい光ではなく淡い光にして、読書や音楽鑑賞、アロマをすると脳がリラックスし自然と眠りに入る事ができます。

これは不眠症対策にもなるので現在、不眠症を改善したいという方には是非、試してもらいたい事になります。