不眠症の原因を知る

眠症の原因を知る事も大切

不眠症を改善する際には不眠症の原因を知る事も大切になってきます。

不眠症にはいくつか種類があり、その種類によって対策方法、改善方法は異なってきます。

不眠症の原因を知る事は不眠症の改善に大きく繋がりますので現在、不眠症で悩んでいる方はまず自分はどんな不眠症なのかを確認しましょう。

不眠症には以下の種類があります。

・入眠障害(睡眠に入るまでに時間がかかる)
・中途覚醒(夜中に何度も目が覚める)
・熟睡障害(長時間睡眠を取っているのに熟睡感がない)
・早期覚醒(朝早くに目が覚めてしまう)

このように不眠症の種類によって症状は異なってきます。

以下にそれぞれの不眠症についてと対策方法をまとめてみました。

現在、不眠症で悩んでいる方に参考にして頂きたいと思います。

入眠障害

入眠障害を発症してしまう原因は寝ようと思っているのに脳が活発になっている事です。

睡眠に入る際には脳をリラックさせる事が大切になってきます。

ですので睡眠に入る前はできる限り脳をリラックスさせる事が入眠障害の対策方法になります。

リラックスできる音楽を聞いたり、アロマの香りを嗅ぐなどして脳をリラックスさせる事をおすすめします。

中途覚醒

中途覚醒は夜中に何度も目が覚めてしまう症状を発症します。

中途覚醒の原因は寝る前の飲食や飲酒、睡眠環境、精神状態などが挙げられます。

特に寝る前の飲食や飲酒は注意が必要です。

人間の身体は食べ物を食べると胃が消化活動を行ないます。睡眠に入る事ができても身体は活動している事になり身体は寝る事ができないため眠りが浅くなり、何度も目が覚めてしまいます。

飲酒も同じでアルコールには脳を活性化させる作用があるため眠りが浅くなります。また、アルコールには利尿作用があるため睡眠中に何度もトイレに行きたくなって目が覚めてしまいます。

中途覚醒を改善したい場合は睡眠前の飲食や飲酒は控えるようにしましょう。

熟睡障害

熟睡障害は長時間寝ているにも関わらず熟睡感がない、疲れが取れないという症状です。

熟睡障害を起こす原因は睡眠環境や寝室環境、生活環境が影響しています。

騒音や温度、光量、寝具、などを改善する事が必要になってきます。

朝起きても熟睡感がないという方は睡眠の妨げになる事がないかチェックしてみましょう。

早期覚醒

早期覚醒は朝早く目が覚めてしまい、一度目が覚めたら寝れなくなる症状です。

この早期覚醒は高齢者の方に多く見られる不眠症です。

朝早く目が覚めてもそこから寝ようとせず、外に出て散歩や軽い運動などをする事をおすすめします。

太陽の光を浴び、運動をする事でセロトニンという睡眠には欠かす事のできない成分を生成する事ができるので不眠症改善に繋がります。

睡眠に必要な成分を摂取する事ができる不眠症サプリ

また、最近では不眠症の改善に大きく役に立ってくれる不眠症サプリというものもあります。

睡眠に必要な成分をしっかり摂取する事ができ、身体の内側から不眠症を改善する事ができます。

現在、不眠症を発症している方は多くいると聞きます。

不眠症を放置しているとうつ病を発症してしまう可能性もあるので早急に対策して不眠症を改善する事をおすすめします。