早期覚醒

早期覚醒からうつ病になる事もある

ここでは早期覚醒についてご紹介しています。

早期覚醒は不眠症のひとつで早い時間に目が覚めてしまい、一度目が覚めてしまうと寝る事ができない症状になります。

目覚ましをセットしている時間よりも早く目が覚めてしまい、そのまま寝れなくなってしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この早く目が覚めてしまい寝る事ができなくなってしまう事は早期覚醒という不眠症になります。

早期覚醒は不眠症だと気付かない方も多く、いつまでも放置しているとうつ病を発症してしまう事もあるようです。

寝つきもいいし、早く目が覚めるけど睡眠を取れているから大丈夫という方は注意が必要になります。

早期覚醒を発症してしまう原因

早期覚醒を発症してしまう主な原因は精神的なものになるようです。

仕事や家庭でストレスを多く抱えている方に早期覚醒は起こると聞きます。

ストレスは睡眠には悪影響で、眠りを浅くする、寝つきを悪くするといった作用があります。

眠りが浅くなることで早くに目が覚めてしまい、寝つきが悪くなることで1度目が覚めてしまうと再度寝る事ができなくなってしまうのです。

早期覚醒の対策・改善方法

早期覚醒の対策方法はストレスから解放される事です。

寝る前に脳をリラックスさせる事ができればストレスを開放させる事ができます。

脳をリラックスさせる方法は人によって様々ですが、オススメの方法は音楽を聞いたりアロマテラピーになります。

最近では睡眠音楽という眠りをサポートしてくれる音楽もあります。

音楽とアロマテラピーには脳をリラックスさせる効果を期待する事ができるのでストレスを抑える事ができ、早期覚醒には効果的です。

早期覚醒などの不眠症を改善する際には睡眠環境を整える事も大切です。

就寝時に脳をリラックスさせる事で身体が睡眠に入る態勢になってくれます。

他にも朝早く目が覚めてしまった場合、無理をして再度寝ようとするのではなく、外に出て運動をする事をおすすめします。

太陽の光を浴びる事や運動をする事で睡眠に必要になるセロトニンという成分が分泌されるようになります。

このセロトニンは心身を安定させる役割があり、質の高い睡眠を取る際には必要不可欠になります。

セロトニンの分泌が多ければ多いほど睡眠ホルモンとも呼ばれているメラトニンを生成する事ができるので質の高い睡眠を取る事ができるようになり、早期覚醒を改善する事ができます。