熟眠障害

熟睡感を得る事ができない熟眠障害

ここでは不眠症のひとつ『熟眠障害』についてご紹介しています。

熟眠障害とは睡眠時間を十分にとっているのにも関わらず、朝起きた時に熟睡感がないという症状の不眠症になります。

朝起きても身体がだるい、7時間以上寝たのに寝た気がしない、という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

眠障害の怖い所は不眠症を発症しているという事に気付かない事です。

一般的に不眠症という病気の症状は寝れないという症状だと思い込んでいる方が多く、寝つきも良い、睡眠時間も十分なので熟眠障害は不眠症ではないと思われている方が多くいるといいます。

不眠症ではないと思いそのまま放置していると慢性的な不眠症になったり、他の不眠症を併発する恐れもありますので注意が必要です。

現在、朝起きても寝た気がしない、身体が重たいという症状がある方は熟眠障害を発症している可能性があります。

熟眠障害の改善方法

熟眠障害はしっかり対策をしなければ改善する事ができないとも言われています。

熟眠障害を発症している時は深い眠りにつく事ができず、常に睡眠が浅い状態です。

深い眠りにつく事ができないために熟睡ができなく、朝起きた時に寝た気がしないのです。

ですので休日に寝だめをしたり、いつもより多くの睡眠時間を用意しても熟眠障害の改善にはなりません。

ではどうすれば熟眠障害を改善する事ができるのでしょうか。

それは、深い眠りをしっかり確保する事です。

質の高い睡眠を得るには深い睡眠を確保する事は絶対条件になります。

⇒熟眠障害の方におすすめの不眠症サプリ!

熟眠障害を発症してしまう原因

熟眠障害を発症してしまう原因は様々で睡眠環境や寝室環境、生活環境が原因で熟眠障害を発症してしまうと言われています。

睡眠中になにか睡眠を妨げるようなもの(騒音・光量・温度・湿度)などがある場合、深い眠りにつく事ができず眠りが浅くなってしまいます。

浅い眠りがずっと続く事で熟睡する事ができず、朝起きた時に寝た気がしなという症状が出てしまいます。

深い眠りを手に入れるには睡眠を妨げるものがある場合は改善しなければなりません。

騒音や光量が睡眠を妨げている場合は防音対策ができるカーテン・光を通さない厚手のカーテンを利用したり、温度や湿度が睡眠を妨げている場合はエアコンで調整したりする事が大切になってきます。

不眠症サプリを利用して睡眠に必要な成分を摂取する

他にもサプリメントを利用して深い眠りを手に入れる方法もあります。

不眠症サプリを利用する事で睡眠に必要になる成分やしっかり休息を得るために必要になる成分をしっかり摂取する事ができます。

質の高い睡眠を取るのに必要になる成分の中には食べ物から摂取しなければいけない成分もありますので不眠症サプリを利用する事で効率よく睡眠に必要な成分を摂取する事ができます。

不眠症サプリメントを利用して不眠症を改善している方も多く、不眠症を発症している方にとって不眠症サプリは心強い味方になってくれます。