入眠障害

入眠障害の原因

ここでは不眠症の種類のひとつでもある入眠障害についてご紹介しています。

入眠障害とは睡眠に入る事ができない不眠症になります。

ベッドに入っても寝付くのに時間がかかるという経験をした事がある方も多いのではないでしょうか。

通常ですと眠りにつくには30分以内あれば十分だと言われていますが、入眠障害の場合は眠りにつくのに30分~1時間以上かかるといわれています。

1日や2日ですとまだ不眠症とは言いませんが、寝付けない日々が何日も続くと入眠障害の疑いがあるので注意が必要です。

現在、不眠症を発症している方の多くがこの入眠障害だと言われており、その多くが若い世代の方だと言います。

入眠障害を発症する原因は多く、主な原因はストレスや生活習慣だと言われています。

ストレスは脳を覚醒させる作用があり、脳が興奮状態だとなかなか眠りにつけないという症状が出てしまいます。

生活習慣もストレスと同じで寝る前にパソコンや携帯電話、食事、アルコールの摂取をしてしまうと脳や身体が起きてしまうので寝付くまでに時間がかかってしまうと言われています。

現在、寝つきが悪いという方は寝る前の生活習慣を改善する事やストレスを解消する必要があります。

入眠障害の改善方法

入眠障害対策としては先ほど言った生活習慣やストレスから解放される事が重要になります。

睡眠に入る1時間前辺りから脳をリラックスせるとストレスからも解放されます。身体が寝る態勢に入るので自然と睡眠に入る事ができます。

脳をリラックスさせる方法はいくつかありますがオススメの方法は、アロマテラピーや睡眠音楽を聞く事や部屋の照明を蛍光灯などの明るい光から淡い光にする事がおすすめです。

アロマテラピーや睡眠音楽には脳をリラックスさせる高い効果が期待でき、淡い照明は明るい光を浴びて脳を覚醒させないためです。

もちろん携帯電話やパソコンの使用、食事やアルコールの摂取も控えるようにしましょう。

寝る前に身体の睡眠環境を整えてあげる事で入眠障害は改善する事ができます。

現在、入眠障害で悩んでいる方は寝る前の自分の行動を改善してみる事をおすすめします。