寝る前のゲームが不眠症の原因!

寝る前のゲームは睡眠の大きな妨げになっている

スマホが普及している現在。様々なゲームが開発されて多くの人がをゲームを楽しんでいますよね。

私も複数のゲームをダウンロードして時間がある時や暇な時はスマホでゲームを楽しんでいます。

しかし、ゲームを楽しむばかりに時間を忘れてしまうという事はありませんか?

ゲームが楽しくてついつい夜更かしをしてしまう、睡眠時間を削ってまでゲームをしてしまう、誰もが一度は経験してしまう事だと思います。

この寝る前のゲーム。実は睡眠の大きな妨げになっているんですよ。

スマホからはブルーライトという脳を覚醒させてしまう光りが含まれているんですね。寝る前にこのブルーライトを浴びてしまうと脳が覚醒してしまい、自然と睡眠に入る事ができなくなってしまうんです。

その上、ゲームをしている時は頭も使っていますよね。特にパズルゲームやロジック系のゲームは頭を使うゲームになるので余計に脳が覚醒してしまうんですね。

ブルーライトとは?

ブルーライトとは人の目で見る事ができる光り(可視光線)の中で最も波長が短く、強いエネルギーを持った光になり、スマホやパソコンにブルーライトは多く含まれています。寝る前にブルーライトを浴びる事で目が冴えてしまい、不眠になりやすい傾向にあります。

寝る前のゲームはどのような睡眠障害を招くのか?

寝る前にゲームをしてブルーライトを浴びてしまうと、以下の睡眠障害を招いてしまいます。

・入眠障害(寝つきが悪くなる)
・熟眠障害(眠りが常に浅い、熟睡できない)
・中途覚醒(何度も目が覚めてしまう)

このような睡眠障害を発症してしまう可能性が高く、不眠症に陥ってしまう恐れがあるんですね。

不眠症に陥ってしまうと十分な睡眠をとる事ができなくなるので次の日にも悪影響がでてしまい、日中に睡魔に襲われるなど、仕事や私生活に支障がでてしまう事もあります。

楽しくてゲームにハマってしまう気持ちはわかりますが、毎日夜遅くまでゲームにハマってしまうと不眠症になりやすい傾向にあるので注意が必要ですよ。

寝る前に脳をリラックスさせる事が大切

最低でも寝る一時間前辺りからスマホの使用を避け、脳と身体がすぐに睡眠に入れるように準備をしましょう。

脳をリラックスさせる事ができれば体内でメラトニンという睡眠ホルモンが分泌され、自然と睡眠に入りやすくなるので睡眠前に脳をリラックスさせる事が大切です。

読書やアロマ、音楽鑑賞で脳をリラックスさせる事もできますし、不眠症サプリに頼るという事も脳をリラックスさせるひとつの方法です。

潤睡ハーブという不眠症サプリにはリラックス効果があるアミノ酸が豊富に含まれているので寝る前に摂取する事で睡眠に入りやすい環境を作る事ができますよ。

脳と身体がリラックスした状態で睡眠に入る事ができれば眠りも深くなり、質の高い睡眠を得る事ができるようになるので潤睡ハーブは睡眠の心強い味方になってくれるサプリになりますよ。

⇒潤睡ハーブはこんな人におすすめ!