不眠症になりやすいタイプ

不眠症を発症してしまう方には共通点がある

現在、不眠症で悩んでいる方は多くいると言います。

特に若い世代の方が不眠症を発症するケースが多いようです。

不眠症を発症してしまう方には共通点がいくつかあり、

・生活リズムが不規則
・昼夜逆転の生活をしている
・ストレスや不安を多く抱えている

この3つの項目に当てはまる方は不眠症を発症しやすいタイプだと言えます。

心当たりがある方は不眠症を発症する前に対策を行なわなければなりません。

生活リズムが不規則な方の不眠症対策

生活リズムが不規則な方は、当たり前ですが規則正しい生活リズムを送るように心掛けましょう。

太陽が出ている時間に行動をし、日中に太陽の光を浴びる事も不眠症対策としては有効です。

太陽の光を浴びる事で体内時計はリセットされると言いますので生活リズムが乱れている方は太陽の光を浴びて生活リズムを改善するようにしましょう。

⇒生活習慣を改善して不眠症を治す

そして、食生活もバランスの良い食事を規則正しい時間に食べる事が重要になります。

寝る直前の飲食は不眠の原因にもなる事なので寝る1時間~2時間前の飲食は避け、睡眠に入る際には身体がしっかり休める状態で睡眠に入るようにしましょう。

睡眠の直前に飲食をしてしまうと身体が消化作業を始めるので睡眠に入れたとしても身体は起きている状態になるので深い睡眠を得る事ができなくなってしまいます。

⇒深い睡眠を得るには?

昼と夜が逆転した生活を送っている方の不眠症対策

仕事の影響で昼と夜が逆転した生活を送っている方も多くいると思います。

人間の身体は日中に行動をして夜に休むという仕組みになっているのでしっかり対策をしなければ不眠症を発症しやすくなってしまいます。

近年では光目覚まし時計と言って光で目を覚ましてくれる目覚まし時計があります。

この光目覚まし時計には太陽にも含まれている光が含まれていて、光を浴びる事で太陽の光と同じ光を浴びる事ができると言います。

夜に起きる方でも光目覚まし時計を利用する事で太陽の光を浴びる事ができるのでしっかり不眠症対策をする事ができます。

また、日中に寝る時も部屋に光が入ってこないように厚手のカーテンを使用する事も対策になります。

厚手のカーテンですと騒音対策にもなるのでおすすめです。

あとはエアコンなどで室内の温度を調整し、寝やすい睡眠環境を作る事も重要になってきます。

ストレスや不安を多く抱えている方の不眠症対策

ストレスや不安を多く抱えている方は特に不眠症を発症しやすいです。

ストレスや不安を多く抱えている方は寝る時に考え事をしてしまう事が多く、考え事をすればするほど脳が目覚めてしまい、睡眠に入る事ができなくなってしまいます。

寝る事ができなければ疲労を回復する事ができず次の日に影響がでてしまい、また身体にも様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

寝れない日々が続くと慢性的な不眠症になってしまい、ひどい場合はうつ病を発症してしまう事も多いと言います。

そうならないためにも自分なりのストレス解消方法を見つけ、ストレスを溜めないようにする事をおすすめします。

また、寝る前に脳をリラックスさえるとストレスや不安を解消する事ができます。

睡眠に入る1時間前辺りから読書をしたりアロマの匂いを吸引したりする事で脳をリラックスさせる事ができます。

脳をリラックスさせる事ができれば自然と睡眠に入る事ができますのでストレスや不安を多く抱えている方は寝る前に脳をリラックスさせる事をおすすめします。