薬理学的要因~薬が原因でなる不眠症~

カフェインやニコチン、アルコールは睡眠の妨げになる

不眠症を発症する要因に薬理学的要因があります。

薬理学的要因とは主にタバコのニコチンやアルコールの摂取が原因で寝れなくなる事です。

ニコチンやアルコール以外にもカフェインや降圧薬、ステロイド、甲状腺剤、抗パーキンソン病薬、抗がん薬、ホルモン剤も睡眠を妨げる要因があると言います。

特にカフェインやニコチン、アルコールは日常的に摂取している方が多いのではないでしょうか。

そうした方は注意が必要になります。

タバコに含まれるニコチンやコーヒーなどに含まれるカフェインには脳を活発化にする覚醒作用があります。

睡眠に入る際には脳をリラックス状態にしなければならないと言われていますので脳が活発になる事で睡眠の妨げになります。

また、寝る前に寝つきが良くなるという事でアルコールを摂取する方も多いと聴きますがこれは大きな間違いになります。

アルコールを摂取する事で一時的に眠くなる事はありますが、アルコールを分解するために身体は働いているために睡眠が浅くなり何回も目が覚めてしまう事になります。

睡眠の前は脳をリラックスさせる

睡眠が浅くなることで熟睡する事ができないため、疲労が取れません。

現在、睡眠前にカフェインやニコチン、アルコールを摂取している方は極力控えるようにしましょう。

質の良い睡眠を取るには、睡眠に入る1時間前辺りから睡眠に入る準備をする事が必要になります。

リラックスできる音楽やアロマテラピー、照明を淡い光にするなどして身体と脳がリラックスできる時間を作りましょう。

そうする事で、ストレスや不安も軽減する事ができ身体と脳が睡眠に入る準備をしてくれます。

脳がリラックスした状態で睡眠に入ると寝つきも良くなり、質の良い睡眠を取る事も出来るようになりますので不眠症の対策や改善になると言えるでしょう。