精神医学的要因~精神疾患が原因でなる不眠症~

精神疾患が原因で不眠症なる事が多い

精神医学的要因とは、うつ病や神経症、統合失調症などの精神疾患が原因で不眠症になる事です。

精神疾患を患っている方の多くがストレスや不安、悩みから精神的に不安定になってしまい夜が寝れなくなり不眠症になってしまいます。

こういった精神疾患には不眠症と併発する事が多く、精神疾患を患っている方は不眠症を改善する前に精神疾患の治療を優先にして行わなければなりません。

また、治療にも長期にわたる休養や治療が必要となります。

逆に不眠症からうつ病になる場合もあると言います。

ですので、不眠症からうつ病になる前に不眠症を改善しなければなりません。

現在、すこしでも自分が不眠症なのかと感じている方は早い段階から対策をした方がいいと言えます。

まずは食事やサプリメントから睡眠に必要な成分を摂取し、睡眠を取る際の睡眠環境を整えましょう。

睡眠に必要な成分で重要なのがセロトニンと言う成分です。

しかし、セロトニンは体内では生成する事ができないためにサプリメントや食事から摂取する事が必要です。

セロトニンと言うのは神経伝達物質のひとつで、人間の精神的な不安を取り除き精神的に安定させてくれる役割があります。

精神疾患を発症している方の多くがこのセロトニンが大きく不足しているといいます。

睡眠に必要な成分セロトニンを増やすには

セロトニンを増やすには規則正しい生活を送る事が必須になります。

セロトニンは太陽が出ている時間に体内にあるトリプトファンという成分から多く分泌されるといいます。

ですので、昼と夜が逆転した生活を送っている方はこのセロトニンが分泌されないために精神的に不安になりやすいと言われています。

そして、もうひとつセロトニンは重要な役割を担っています。

それはメラトニンと言う睡眠ホルモンを生成してくれる事です。

睡眠ホルモンは体の睡眠を促してくれる重要な成分です。

要するにセロトニンがなければメラトニンが生成されないために睡眠を促してくれる成分睡眠ホルモンが不足し、不眠症を発症する事に繋がります。

まずは、食事でトリプトファンを豊富に含む食事を心掛けるようにしましょう。

トリプトファンは肉類や魚介類といったたんぱく質の食材に多く含まれています。

トリプトファンを摂取する事でセロトニンの生成、メラトニンの生成に繋がります。

そうする事で不眠症の改善にも繋げる事ができます。