生理学的要因~生活環境の変化が原因でなる不眠症~

睡眠環境が原因で不眠症を引き起こす可能性も十分ある

環境の変化や寝室の騒音、温度、湿度といった睡眠をする環境も質の良い睡眠をするには重要になります。

この睡眠環境が原因で不眠症を引き起こす可能性も十分にあります。

こういった睡眠環境が引き起こす要因を生理学的要因と呼ばれています。

枕が変わっただけ、布団が変わっただけでも寝つきが悪くなったり熟睡する事ができないという方も多いのではないでしょうか。

睡眠環境が変わる理由としては、

・引っ越し
・時差ボケ
・入院
・仕事(夜勤等)

などが挙げられます。

上記で述べた項目は睡眠環境はもちろん関係してきますが生活環境も大きく関係しています。

不眠症を引き起こす要因の生理学的要因は生活環境を見直す事でしっかり対策・改善する事ができます。

人間と言うのは太陽が出ている明るい時間に活動して太陽が出ていない夜の時間に休むという生活リズムが一般的になっています。

一般的な生活リズムの方の場合は周りの方が活動していない夜の時間に睡眠を取る事になりますので騒音や光量を気にする事はないと思いますが、仕事の関係で夜に働いて昼に寝ている方もいます。

そういった方はそれなりの対策が必要になってきます。

睡眠を取るには寝室の環境が重要

当ページの冒頭でも述べましたが質の良い睡眠を取るには寝室の環境が重要になってきます。

騒音や光量、温度や湿度に問題はないかまずは確認してみましょう。

もし、睡眠を取る時間に騒音や光量が気になる方は、窓を2重窓にしたりカーテンで騒音対策や光量対策をする必要があります。

温度や湿度も一定の温度、湿度を保つようにエアコン等で設定する必要があります。

こうした対策をする事で生理学的要因が原因で起こる不眠症は防ぐことができます。

現在、不眠症で悩んでいる方は自身の寝室の環境や睡眠を取る時間帯の環境に問題がないか再度確認してみましょう。

生活習慣や環境などを改善しつつ、不眠症サプリを使用してみるのも、眠りを改善するのに効果がありそうですね。