身体的要因 ~疾患が原因でなる不眠症~

身体的要因とは疾患が原因で寝れなくなり不眠症を引き起こす

不眠症の原因には様々な要因があると言われています。

不眠症を改善するにはこういった不眠症を引き起こしている原因についてもしっかり認識する必要があると言えます。

不眠症という病気は影響によっては生活に支障が出てしまう場合もあり恐ろしい病気になります。

不眠症を放置しているとうつ病を発症する可能性もありますので不眠症で悩んでいる方は早期に対策・改善をする事をおすすめします。

ここでは不眠症を引き起こす身体的要因についてご紹介しています。

不眠症を引き起こす原因のひとつに身体的要因があります。

身体的要因とは、身体にある何かしらの疾患がある場合にその疾患が原因で寝れなくなり不眠症を引き起こす事を言います。

例えば、喘息が起こす咳やアレルギー性による痒みが原因で睡眠に入る事ができない事が挙げられます。

不眠症を引き起こす様々な疾患

他にも、

心疾患
・狭心症、心不全など

呼吸器疾患
・気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群など

消化器疾患
・逆流性食道炎、胃潰瘍など

内分泌代謝疾患
・甲状腺機能亢進症、クッシング症候群など

脳神経障害
・脳血管障害、パーキンソン病など

皮膚疾患
・アトピー性皮膚炎など

睡眠関連運動障害
・周期性四肢運動、 PLM、むずむず脚症候群RLSなど

などの疾患を持っている方は不眠症になりやすいと言われています。

これらの症状を治療するために投薬している薬の副作用が原因で不眠症を引き起こす可能性もあります。

身体的な要因が原因で不眠症を引き起こしている方は、まず疾患を治療する事が優先になりますので睡眠を取る事ができない場合は担当の医師に相談する事をおすすめします。